俳句とはどういう文芸か

「俳句とは何か」という問いの立て方は難しい。
「俳句とは〇〇である」という俳句のアイデンティティに関する定義は、そのまま「〇〇でないものは俳句ではない」というロジックにつながるからだ。

だから、もし俳句について問うのであれば、むしろ「俳句とはどういう文芸か」と問うのがよいのではないか。
これは言い換えれば「俳句は何をもたらすのか」という問いだ。

俳句には「俳句は(あくまでも)俳句である」という厄介なトートロジーが存在する。
でも、これは次のように書き換えられるべきだろう。

俳句は俳句以上のものである

基本的なスタンスはこれだ。この点において、さらに踏み込んで言えば、

俳句ではないものこそが俳句である

うーん、なんだかかなり固い話になってしまった。


未分類

Posted by tajima