未分類

誓うふたりの空間は虹のしもべ

空蝉をあふれる虹色の主体

前任者が西へ赴くみじかい虹

桃のデザート丁寧に紙幣折り

食べる象西日を食べて透きとおる

夕立の息がきこえる雑木林

未分類

気持ちごと消えゆく青田波に犬

羅や胸の高さに読み終わり

うすものをながれる速い方程式

滝つぼは人の深さに静かな酒

梅雨はつとめて使う筋肉から育つ

とびはねる梅雨の木琴一音ずつ ...

未分類

灰色の蓋のしてあり兜虫

調剤薬局にまだらの金魚の価値

水攻めにして水いろの蜘蛛の行方

蛇が雨のみこんでゆく大きな肺

緑地公園蛇が擬音の木をゆらす

白南風の箱に暮らして明るい目 ...

たじまの俳句

祖父は金魚と一緒に過ごす自由な顔

壁のむこうで飾り続ける金魚かな

歯が甘くなりついてくる金魚の子

頭韻を金魚キッチン嫌いな木

朝日に目のあり金魚より弱いひと

樹が朽ちて金魚の ...

たじまの俳句

熱のあるひと水番をして軽し

水番の検索ばかりしていたる

水番の胸を上昇する渇き

水番が守る写真のなかの水

日報に水番の降りそうな夜

水番の冷たい水に影なす樹

水番 ...

たじまの俳句

触れて抱きしめ夕立がねずみ色

ドライフルーツ羅に空気消え

逃げてゆく視力へ黒いみなみ風

毎日まいにち同じ太陽泉に影

弾き手なきピアノの中の綺麗な滝

梅干しのまわりは沈みゆく仮 ...

たじまの俳句

死者に名があり翡翠は解き明かさず

蜜豆や身体の内に色のあり

昼寝して噂が宙をずんずんゆく

額の花たいらな街を会いに行く

水鉄砲組織のひとが濡れている

額の花ふんばっている骨の ...

たじまの俳句

眠らざる信仰を撃ち水鉄砲

無数の蟻お互い地球のせたりして

木の家のひろい座敷の水羊羹

サングラス呼ばれて帰る服部氏

喋る地球儀かゆいところを南風

黒南風や並んでみると知らない ...

未分類

長野県中野市の立てこもり事件や、岸田首相の息子の首相公邸での不祥事が世間を賑わしている。

こうした「息子たち」の志向は「自分が何者であるか」という閉鎖された世界を出ることができずに、ひたすらに内側に向かっているような気がす ...

未分類

2023年5月25日発売の角川『俳句』6月号に、新作12句「白い雲雀」を掲載していただいています。